プロフィールはどこを見られる?

婚活ブログ

こんにちは!

さいたま市の結婚相談所おしどり工房~結~の酒田です。

本日は「プロフィール」をについて書いていきます。

虚偽のプロフィールは絶対にダメ、盛りすぎたプロフィールも逆効果

プロフィールを書く際に少しでもお相手に良い印象を与えたいものです。

今風に言うと「盛る」プロフィールも書く人がいます。

ただし、虚偽のプロフィールは違反であり、退会などのペナルティが発生します。

ギリギリを攻めたグレーなプロフィールになっている人もたくさんいます。

ただ、大きく見せすぎたところで、お見合いは成立しても、その後の交際に発展はしません。

なので過度な誇大表現は避けた方が良いでしょう。

お相手はプロフのどこを見るのか?

プロフィールは写真の次に大切なものです。

ただ、前回のコラムでも書きましたが、圧倒的に写真重視です。

写真を疎かにして、プロフに力を入れても成果は出ません。

お見合いをする上で優先的に見られるのは

□年齢

□職業

□年収

この3点です。

写真を見て、年齢・職業・年収を見て、PR等の内容をようやく見ます。

年収に自信がない場合

「年収に自信がない」と考えている方は「写真」を大切にしてください。

何度もいいますが、最初の印象は基本的には「写真」>>「プロフ」なのです。

※「プロフ」>「写真」というよりは、「年収」>「写真」という方も一定数います。

 

まずはお人柄が良く伝わる、写真を撮影しましょう。

そしてプロフィールも誇大表現が多いものよりもお人柄が伝わる内容にするのが良いです。

お相手に求める条件=「人柄重視」はお見合い成立してから

お見合いを申し込みたいお相手のプロフィールを見ていくと、

お相手に求める条件→「人柄重視」という方が非常に多いです。

「容姿や年収に自信ないけど、人柄には自信がある!お見合い成立する可能性が高いだろう」とお見合いを申し込んで、不成立になるのは普通です。

プロフだけではお人柄はぼんやりとしか伝わらないのも現状です。

「人柄重視」と言われている方は、実際にお会いしてからの事を指しているのです。

「誰とでもお見合いをします」ということではありませんので、間違えないようにしてください。

結婚相談所おしどり工房~結~

 

 

コメント