【20代男性】婚活サクセスコラム

今日のテーマは20代男性が婚活についてです!

20代男性はそんなに結婚を考えているのですか??
私のイメージだとあまり20代男性は結婚を考えていないような気がするのですが・・

20代の男性であればまだまだ婚活をしている人は少ないと思われるかもしれませんが、実はすでに婚活を行っている人も多いということがわかっています。
そこでここでは20代男性の未婚率や婚活事情について紹介していきたいと思います!

20代男性の未婚率とその背景

30代や40代の未婚率はこの50年のうちに大きく変化してきましたが、20代の男性の未婚率の変化はそれらと比べると緩やかです。

2015年の時点での20代男性の未婚率は

・20代前半男性の未婚率は90%以上
・20代後半男性の未婚率は70%ほど


となっています。

1960年のころから20代前半の男性の未婚率は90%ほどありましたので、こちらはほとんど変わっていません。

20代後半男性の未婚率は50%を切るくらいでしたので大きく上昇していることがわかります。

これくらいの年齢の男性が未婚の背景は簡単で「結婚できない」ではなく「結婚を考えていない」ことが多いのです。

大学をストレートで卒業して社会人になった人でも社会人1年目の時点で22~23歳です。

この時点では結婚など考えていないという人が多いのは当然です。

会社に入って数年のうちは仕事に必死で恋愛はしていても結婚するところまで踏み切れないという人も多いでしょう。

それがこの未婚率の数字に表れているのです。


それでも人によっては20代後半ごろには結婚したいと考え、婚活を始める人も出てきます。

婚活を行っている20代男性が多く利用しているのは「合コン」「婚活パーティー」「ネット婚活」といったもので、「結婚相談所」や「お見合い」は少なくなっています。

特に婚活パーティーは近年急激に増加しているコンテンツです。

趣味に合わせたもの、年齢で絞ったもの、職業で絞ったものなどさまざまなものがあり、そこでは20代男性と知り合いたい女性が参加するタイプのものもあります。

婚活を行っている男性はそういった婚活パーティーに参加することが多くあります。

20代男性の婚活の実態

「婚活は若い方が有利」と言われていますが、20代の男性に限ってはそうとも言えません。

むしろ不利になることも多くあるのです。

まず「年収」の問題があります。

婚活を行っている女性の大きな注目点は男性の年収です。

もちろん多いにこしたことはないのですが、多くの女性が基準としているのが「500万円以上」というラインです。

しかし20代の男性ではまだまだ年収は上がっておらず、初任給からかなり高く設定をしている大企業などでない限りは500万円以上あるという20代男性は少ないのです。

そうなると真剣に結婚を考えている女性たちからすると物足りないと判断されてしまうのです。

また、「頼りない」と思われることが多いようです。

婚活を行っている女性は20代後半から40代くらいが中心となっています。

そのなかでも20代後半や30代前半の女性は自分より少し年上くらいの男性に安心感を持つ傾向があります。

やはり精神的に頼りがいがあるというのが男性が選ばれる理由になっているのです。

そんな中で20代の男性はまず年齢自体が年下であるということも多く、いかにも頼りないと判断されることがあるのです。

そして最後に「本気かどうか怪しまれる」ということもあります。

女性は結婚を考える際には自分が出産をすることも考えて20代後半から30代にかけては本気度が非常に高くなっています。

それと比べると20代の男性はそこまで早く結婚をしなければいけない理由は特に無いことがほとんどです。

20代の男性であれば「結婚できない」という状態とはとても言えず、本気で結婚を考えているかどうかを怪しまれてしまうのです。

20代男性が婚活で好感を持たれる服装

20代男性の場合は上記のような婚活の実態がありますのでなおさら服装や外見に注意が必要となります。

まず論外なのが学生のノリが抜けていないような浮ついたファッションです。

もともと婚活市場では20代男性は年下になることも多く、子どもっぽく見えることはマイナスになることが多くあります。

大人びた服装をしていればよいというわけではありませんが、婚活パーティー、お見合いなどその時に応じた服装ができるかどうかは非常に重要なことなのです。

また、当然のことですが清潔感は基本中の基本です。

女性にも色々と好みのタイプはありますが、不潔な男性を好む人はいません。

まず髪の毛が目にかかっていたり、靴が汚かったり、体臭がにおったりするようではいけません。

前髪が長いのであれば切るか上げておでこを出した方が爽やかに見えます。

靴は綺麗に磨いたものを使用し、においにも気をつけましょう。

ただし香水などを強めに使用するのはおすすめできません。消臭をメインで考える程度で良いでしょう。

20代男性が婚活で意識すること

まず最優先するべきなのは「仕事に対する姿勢」です。

20代の男性ですから年収が低いことは仕方ありませんし、それが条件で対象にならないという女性はあきらめるしかありません。

年収自体をどうにかするのではなく、現在仕事にどのように取り組んでいて、これからどうしていきたいかということを真剣に考えているかどうかです。

20代の男性は「その時点での年収」よりも「将来性」を示していかなければいけないのです。

現在本気で取り組んでいる仕事や身に着けた技術、手に入れようとしている資格などについて話すと将来をしっかりと考えている男性だと受け取ってもらえるでしょう。

そして「真剣に結婚した後のことを考える」ということです。

とりあえず結婚が目標というような姿勢ではなく、結婚したら家事や育児はどのように分担するか、子どもは何人欲しいか、どういったところに住む予定なのかということを考えなければいけません。

こういった話題になったときに普段から何も考えていないと、スムーズに答えることができなくなります。

すると「やはり若い男性だから真剣に結婚のことを考えていない」と判断されてしまうことになるのです。

最近の男性は家事や育児などを積極的に行うと言われていますが、育ってきた家庭環境などによっては「家事や育児は女性がやるもの」と考えている男性も多くいます。

自分の考えや価値観をしっかりと話せるようにしておかなければ結婚してからすぐにすれ違ってしまうことになってしまうでしょう。

また、20代の男性が婚活で注意しなければならないことに「言葉遣い」があります。

まず学生のノリのチャラい言葉遣いは論外です。

とにかくへりくだって敬語だけで話すのも堅苦しくなります。

相手の女性の年齢やタイプに合わせて適切な言葉遣いができるかどうかが重要になってくるのです。

丁寧でありながら堅苦しくないという言葉遣いが理想です。

20代男性婚活の留意点

20代の男性は他の世代よりもメリットとデメリット、長所と短所がはっきりとしています。

「若い男性」というのは武器にも弱点にもなるのです。

若いということは、これから子育てをしていくにも体力がある時期に行えることになります。

仕事面に関しても将来性が期待できるというメリットもあります。

しかし同時に「頼りない」「子どもっぽい」「年収が低い」という弱点にもなります。

20代の男性が婚活を行う際はそれらをまず把握していく必要があります。

若いから会話などで失敗しても許されるということもあります。

若いことが母性本能をくすぐって女性からかわいいと思われることもあります。

これは20代の男性だから許されることで、同じことを40代の男性が行えばただただ寒いだけです。

そのうえで、どういった女性であればうまくいくのか、どういった女性から必要とされるのかを考えて婚活を行えばうまくいく可能性は一気に高まっていきます。

20代男性は将来性を示すことが大切なんですね!
勉強になりました。

おしどり工房~結~では20代男性向けの婚活プランもあります!

おしどり工房~結~での20代男性の婚活

まずは2ヶ月の体験からスタートできます!
20代の婚活応援キャンペーン

おしどり工房~結~をフォロー!

トライアルプランのご案内

おしどり工房~結~では2ヶ月間のトライアルプランがあります。
結婚相談所の婚活をまずは体験してみませんか?