動き出さなけりゃ そう 始まらない ①

結婚はあえてしないんだ!?

こんにちは。おしどり工房~結~の酒田です。
 
今日は私自身のお話をひとつ。

私は39歳の時に結婚をしました。
 

20代は自由きままに遊びまくり、夜まで仕事をして朝まで遊んで、また仕事に行くという生活も普通にしていました。

30代に入っても行きつけのバーで朝まで飲んだり、飲み仲間と飲み屋をハシゴしたりと独身を満喫し、結婚というものをまったく考えることのない生活をしていました。

結婚をした友人・知人を見ても特に憧れを感じることはなく、自分自身のために時間、お金をつかうことに気楽さを感じていました。

「自分は結婚できないのではなく、敢えてしないんだ」

あの時はそう自分に言い聞かせていたのでしょう。

ある意味独身でいることへの開き直り、結婚しない自分を正当化していたのです。

懐メロ

友人とカラオケに行った時の事、学生時代の懐メロをふと歌おうと思いました。

「SURFACE」の「なにしてんの」という曲をご存知でしょうか?

昭和50年代生まれの方ならわかる人がいるかもしれません。

当時はまったく気にしなかったのですが、この歌は歌詞が素晴らしいのです。

歌詞が気になって歌どころではありませんでした。笑

「何もかも捨てちゃって 身軽も悪くないか なんて
 逃げ道作っちゃて情けないったらありゃしない」


出だしでKOです。笑

「やりたい事をやって暮らしているなんて言って 実は
 やれる事だけ やってただけでしょう」


うん。その通り。笑

この歌の歌詞が当時の私に響いた理由はなんだったのでしょうか?

本音

もやもやしていましたが、家に帰って歌詞を眺めて、自分が本当に求めていたことはなんなのか考えました。

その答えは「今の生活に満足していない。」ことであり、「結婚への憧れ」もあることに気が付きました。

でもどうしたらいいんだろう?

街コン?ネット婚活?お見合いパーティー?

色々あるけど何が自分に合うのかがわからない。

「動きださなけりゃ そう 始まらない」

また「なにしてんの」の歌詞が自分の背中を押してくれました。笑

「じゃぁまずは動いてみるか!」

その日の夜に私は街コン、お見合いパーティーに申し込みをしたのです。

②へ続きます

おしどり工房~結~をフォロー!

トライアルプランのご案内

おしどり工房~結~では2ヶ月間のトライアルプランがあります。
結婚相談所の婚活をまずは体験してみませんか?